●歯を抜くと言うこと

インプラント治療時、なんの処置もしない場合:歯肉の移植/骨の再生治療など施さないと、骨は吸収されてしまう。

きちんと治療する

実例1

Stacks Image 171594

治療前

Stacks Image 171600

治療後

Stacks Image 171606

治療後2

Stacks Image 171613

●施術後、何年経っても陥没や吸収などは見られません(当院実例)

実例2

Stacks Image 171622
Stacks Image 171625

●骨の移植などを行い12年後、陥没や吸収などは見られません(当院実例)

骨が失われる

Stacks Image 171398
Stacks Image 171403
Stacks Image 171411
唇側の骨(上の写真)が、歯を抜くことによって6ヶ月後(下の写真)、骨が無くなってしまう。→吸収されてしまう

歯を抜くことによって、骨が必ず吸収されてしまう。

吸収されないためには、歯肉の移植、骨の移植、再生治療が必ず必要になる。
これらの治療を施さないと、後年、歯茎の陥没、歯が長く見えたり、金属部分が見えてきたりなどの症状が出てきます。
歯を抜くことにより骨の吸収は必ず起こります。
この現象を防がなければインプラントを入れて何年かするとインプラントの周囲が見えてくる。
(天然歯においても同じことが起こっている)

特に上顎前歯では前歯が長くなったり金属が見えてくる原因になってしまいます。天然歯とは違い、起こってからの改善は非常に難しく、再度インプラント修復はもっと困難な問題が起こる。

前歯のインプラント治療には安易な知識では行うべきではないと考えます。

インプラント治療時、なんの処置もしない場合

Stacks Image 171423

●12年後:歯肉から金属部分が露出している 

事例1

左から


1:治療前

2〜3:治療中

4:治療完了 2004年

5:治療後12年 2016
Stacks Image 171437

●12年後:歯肉から金属部分が露出している

事例2

左から


1:治療前レントゲン

2:治療中

3:治療完了 2004年

3:治療後12年 2017年
Stacks Image 171448

●8年後:骨が溶けて、歯肉が陥没している

事例3

左から


1:治療直後

2:治療 8年後 正面写真

3:治療 8年後 別角度写真
Stacks Image 171461

●3年後:歯肉から根の部分が露出している

事例4

左から


1:治療直後

2:治療 1年後 

3:治療 3年後 
Stacks Image 171471

●13年後:歯肉が陥没している、歯の裏側も骨の吸収により空洞が出来ている

事例5

左から


1:治療直後

2:治療 13年後 

3:治療 13年後 
Stacks Image 171481

●8年後:骨の吸収により歯肉が陥没している、歯の裏側も骨の吸収により空洞が出来ている

事例6

左から


1:治療直後

2:治療 8年後 

3:治療 8年後 
Stacks Image 171491
Stacks Image 171499

●9年後:歯肉が落ち込み、インプラントの露出。歯肉が薄いと、落ち込みも大きなものになる。

事例7

左から


1:治療直後

2:治療 9年後 
Stacks Image 171395

世界水準の技術でお応えいたします。

ホワイトニング・インプラント・矯正
・義歯・まずはご相談下さい

Stacks Image p170424_n9

ご予約、お問合せはこちらへ

0120-62-0118

Stacks Image p170424_n18
Stacks Image p170424_n28
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ
Close

私たちの目標

治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。
しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。

一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
これまでに10万枚にも及ぶ写真撮影し、保存し、患者さんとの治療方針の確認、相談を基本として参りました。

私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。
※昨今問題の
金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

院長 村辺 均

医院概要

三友歯科医院
院長:村辺 均
営業時間 月水金 9:00~18:30
     火曜日 9:00~18:00
     土曜日 9:00~16:30
 
電話029-275-1188
 住所:茨城県ひたちなか市石川町14-6
    コルメ石川
 休診:日・木・祝日

 ・JIADS 認定医
 ・
AO会員(アメリカインプラント学会)
 ・
AAP会員(アメリカ歯周病学会)
 ・
TIP EDGE研究会理事
 ・
日本臨床歯周病学会認定医
Stacks Image p170408_n169331
Stacks Image p170408_n169353
Stacks Image p170408_n169351